あららぎ会計の視点論点

最近、お問合せが多いのでアポイントお願いします。

2017年6月19日

最近、

HPを通して、又は、直接お電話でのお問い合わせが多いです。

ありがとうございます。

また、弊事務所とご縁が御座いましたら、よろしくお願い致します。

 

皆様もお気軽にお問い合わせください。

ただ、スケジュールがタイトなので、必ずアポはよろしくお願い致します。

 

今日お問合せ頂きました方のお話です。

「今、税務調査中なんですが、20年来お付き合いしている税理士が全く働かないんです。

おまけに、納得ができない修正をしろと言ってくるんです。

納得できない修正をする必要があるんですかね?税務署と私のどちらの味方なんだろう。

態度もかなり高圧的なんです。ここまでの会社にしてあげたのは誰のおかげなんだ、と平然と言ってきます。」

 

本当に偉そうにしている税理士は、いますよね。しかもたくさん。

税理士ってそんなに偉いんですかね?

勘違いしている方、たくさんいらっしゃいます。

 

人としてどうなのか・・・

 

人は、常に謙虚な気持ちがないといけませんよね。

人の振り見て我が振り直せ、と言いますが、

謙虚に丁寧に・・・、私は地味に頑張っていきます。

税務研究会に参加してます

2017年6月9日

毎年毎年、税制は変わっていきます。

本日の研究テーマは、
『中小企業経営強化税制等の活用と実務』
です。

平成29年4月から新たに税制適用等に変更がありました。
名古屋の会議室で、税理士や公認会計士約80名が集まって、勉強しており、ます。

私は、顧問先の為、勉強をやめるわけにはいきませんね。
多治見の税理士さん、開場に誰もいませんが、ちゃんと勉強してますか?
資格とって終わりではなく、常に最新の情報を仕入ないと、いい仕事はできませんよね。

私は、情報への投資は惜しまないようにしております。

斉藤和義コンサート鑑賞

2017年6月4日

先日、名古屋国際会議場センチュリーホールで行われた、斉藤和義さんの弾き語りコンサートに行ってきました。

ファン層は幅広く、20代から60代まで。老若男女。
私は、熱烈とまでもいきませんが、にわかファンです。

弾き語りなので、バックバンドなしで、ギター1つでパフォーマンスをするというとんでもない企画でした。

収容人数3000人の大ホール超満員の中で、たった1人舞台で大丈夫かな?と思いましたが、そんなことは杞憂でした。
斉藤和義さんのギターテクニックとその世界観に引き込まれていきました。
すごいですね。

本物てあるということ本物であり続けるということ。
裏にはものすごい努力があるんだろうな。

大衆を前にして、一切、手を抜かない、熱気溢れるパフォーマンスをみせてもらい、僕らも頑張ろうと、力をもらった人はたくさんいるでしょう。

僕ら経営者に置き換えて。
その道のプロなんだし、一切妥協せず、日常の舞台の中で、最高のパフォーマンスをし続けよう!

たまのコンサートや舞台、いいですよ。
いい時間を過ごせました。

勉強の哲学

2017年5月29日

IMG_20170527_153552

本の紹介です。

タイトルは、『勉強の哲学~来るべきバカのために~』

 

バカという文字に敏感に反応してしまいました。

わかりやすい哲学書で、非常におもしろかったです。

人間とは、なんだっ!

アイデンティティとはなんだっ!

結局、自分は他人の産物じゃないかってね。

 

学生の時以来、久しぶりに人間本質論を考えました。

現代フランス哲学がベースとなっているみたいですが、

口語体で、すっーっと入ってきました。

ご興味のある方は是非。

 

千葉雅也 著  文芸春秋刊

 

国民年金、未納7か月で強制徴収の義務という記事の紹介

2017年5月20日

IMG_20170518_170446

日本国の運営は、うまくいっているのでしょうか。

プライマリーバランス(歳入と歳出のバランス)や日本が抱える借金の問題などを考えると、

とてもうまくいっているようには思えないのですけどね。

今回の記事は、歳入の問題。

国民年金の未納者に、取り立てをより厳しくするという記事ですね。

 

日本は、法治国家である以上、法律で定められたことをおこなう義務があります。

それを、気に入らないという理由で行わないのはご法度です。

 

義務はまず行う ⇒ 役人の監視 ⇒ それを動かす政治家の監視 ⇒ 国民へフィードバック

そんな物事の順序でしょか。

税金の納税も全く同じ理屈ですね。

 

私たちは、役人や政治家の動きに敏感に注視する必要がありますね。

日本国、日本国民、みんな幸せであれ。