あららぎ会計の視点論点

相続税の申告件数について

2017年9月19日

 国税庁ホームページ発表によると、

 平成28年中に亡くなられた方(被相続人数)は約129万人、

このうち相続税の課税対象となった被相続人数は約10万3千人で、課税割合は8%となっており、

2年前と比べ3.6ポイント増加しましたとあります。

 

 近年、相続税基礎控除が縮小され、今後益々課税対象が増えていくことでしょう。

 当事務所も、近年相続税申告案件が増加しております。

 おそらく、多治見税務署管内ではトップクラスの申告数であると思います。

 

 様々な事例に対処できるような体制を整えております。

 できれば、相続対策を生前に行っていればよかったなどの案件も見受けられますので

 なんでもそうですが、早め早めに行動することが大切です。

 

 気になったことが御座いましたら、お気軽にご相談ください。

高校野球監督からみる組織論

2017年9月11日

わたくし、高校野球観戦が好きです。

キラキラした高校生の目を見ているだけで、パワーをもらえます。

今年の夏も、高校生にたくさんの力をもらいました。

高校野球の楽しみ方は、いろいろあります。

 

今日は、高校野球監督について、考えてみました。

監督の手腕で、強くなるチームがあるという。

 

前年地方大会3回戦敗戦チームが、監督が代わった翌年甲子園出場を果たしたという。

監督は、プレーヤーを指揮する人。

如何にプレーヤーの潜在能力を発揮させるか。

練習方法も、一様ではない。

1日2~3時間しか練習しなくとも、甲子園出場果たすチームや、

1日6時間練習しても負けるチーム。もしくは勝つチーム。

 

スタープレーヤーが揃うチームはごくわずか。

スターがいないチームでも、全体で力を発揮できるようにする。

それを監督が指揮をする。

 

なかなか、奥深い世界があるのかなと思います。

 

中小企業全体の話。

スター選手は、大会社へ。ドラフトに漏れた選手が中小企業へ溢れるように流れる。

我々中小企業も、

スター選手がいなくても、全体で最大限の力を発揮できるはずである。

それを高校野球が教えてくれる。

 

経営にこうするべきだという答えはどこにもない。

そんなhow to やノウハウなどどこにもないのだ。

 

監督の力。社長の力。

それがとても大切なものとなる。

 

全体を組織する。そして強くなる。

 

 

新聞記事ーセルフメディケーション税制ー

2017年9月4日

IMG_20170904_173601

市販薬を購入すると税控除できる
セルフメディケーション税制、
どうも、認知度は低いらしい。

今年1月から始まったが、
医療費控除の特例措置として、医療費控除よりも低いハードルの税制。

しかし、どうもわかりづらい。

医療費控除との比較検討が必要だからだ。

また、同制度の対象医薬品のいわゆる『スイッチOTC医薬品』は、まだまだ品数が少ないみたいだ。

このまま消えていくのか、年末にかけて、認知度が上がっていくのか、気になるところです。

最近のテレビ

2017年8月21日

最近のテレビは、妙に面白くなく感じる。

これは、歳のせいなのか・・・

新しい刺激がテレビにはないのかな。

 

大人の事情も分かってきた。

報道の質と量の問題。

そして、コメンテーターの質も然り。

 

他人さまの不倫の話などどうでもいい気がしますね。

 

そこで、

テレビをプチ卒業することに決めました。

ただ、

スポーツとNHKを除いては。

(NHK受信料払っているので。特にドキュメンタリー系は民放と比較にならないほどの

製作費を使っているみたいなので、見なきゃ損らしい)

人口減少と労働力人口減少と人材不足、将来の予測

2017年8月14日

中小企業は、人材を確保するのがたいへんです。

 

職安に求人情報を出しても、いまは、うまく集まりませんね。

リクルートなどのネット媒体での求人が主流となっております。

一人の人材確保のために、何十万もの広告費を負担し、お金と労力をかけて採用したものの、

1ヶ月も立たないうちに辞めてしまったという泣き話をよく聞くものです。

頭の痛い話です。

 

大企業ならいざ知らず、中小零細企業は、今後、どうやって人材を確保していくのでしょう。

人口減、特に若者の就労人口減少の傾向は今後も続くと思われ、

経営に大きな影響を与えるものであると考えています。

 

将来を予測し、荒波だった経営環境の中で、かじ取りをしていくことが、

経営者に与えられた使命です。

また、

AIやロボットそしてIoTが作り出す環境が、ますます変化をもたらし、

今後も複雑に絡み合って、企業経営の環境を変えていくことでしょう。

 

今業績が良い企業、より慎重になってください。

今業績が芳しくない企業、よりシビアになってください。

 

会社経営の難易度は、どんどん上がっていきます。

1 2 3 4 5 8