あららぎ会計の視点論点

相続税対策の養子について 最高裁で判断が示されました。

2017年2月1日

1485923428286160654359

日本経済新聞平成29年2月1日の記事の紹介です。

相続税対策で、孫と結んだ養子縁組は有効かどうかが争われた訴訟で、

最高裁は、「節税目的の養子縁組であっても、直ちに無効であるとは言えない」

との判断を示しました。

 

現在の、相続税の非課税枠は、基礎控除一律3,000万円+相続人一人当たり600万円である。

相続人が一人増えれば、600万円控除額が増える。

従来より実務では広く知られていた事項であるが、最高裁がそれを後押しした形となっている。

 

ブログを始めました

今後はこちらからも、

情報等を発信していきますので、

よろしくお願いします。

1 15 16 17 18