お悩み事例

金融・融資の悩み

2016年7月14日

金融機関から融資を受けようと考えています。ポイントはなんでしょう。

いろいろなポイントがありますが、ずばり、返済できる計画があるかどうか、その説明ができるかどうかです。 金融機関に借りたお金は、必ず、いつか耳をそろえて返さなければいけないのです。

いろいろなポイントがありますが、ずばり、返済できる計画があるかどうか、その説明ができるかどうかです。

金融機関に借りたお金は、必ず、いつか耳をそろえて返さなければいけないのです。

金融機関は、お金を返してくれそうなところにお金を貸し、その受取る利息部分が収益となるわけです。

融資後の事業計画はどうなのか、返せない場合は、最終的には倒産です。

税引後キャッシュがいくら残るのか、返済原資を確保できるのかの経営計画が命です。

  • サービスの詳細はこちら
  • 30分無料相談

2016年7月14日

「経営計画書」の作成を依頼されました。 融資が受けれるようにアドバイスをしてもらえますか。

はい。「経営計画書」の作成をお手伝いします。

はい。

私共は、「経営計画書」「資金繰り表」の作成をお手伝いします。

ただし、他のところでも説明をしましたが、「経営計画書」「資金繰り表」は、会社経営の肝となる部分ですので、すべて会計事務所に丸投げをするのは、おすすめはしません。

金融機関の立場に立ち、どのような視点で評価されるのかを熟知しておりますので、そのポイントを
お教えします。経営者の腑に落ちるところまで、徹底的に一緒になって考えます。

  • サービスの詳細はこちら
  • 30分無料相談

2016年5月27日

今後の資金計画について、一緒に考えてもらえますか。

はい。会社経営にとって、資金が肝です。いくら利益が出ていても、資金がショートしてしまえば、会社は倒産してしまいます。逆に、赤字の会社でも、資金さえ回っていれば、倒産はしないのです。

はい。会社経営にとって、資金が肝です。いくら利益が出ていても、資金がショートしてしまえば、会社は倒産してしまいます。逆に、赤字の会社でも、資金さえ回っていれば、倒産はしないのです。

従って、会社経営の肝を会計事務所に丸投げすることは、いいとは言えません。

消費税率も上がる中、一時に多額の納税資金が必要になる場面もあるでしょう。
現状の資金状態がどうなのか、経営者の腑に落ちるところまで、徹底的に一緒になって考えます。

  • サービスの詳細はこちら
  • 30分無料相談