お悩み事例

精度の高い月次試算表を作成したい。試算表を経営計画に反映して、企業経営に役立てたいです。

ご存じのとおり、試算表の数値は、過去データでしかありません。

ご存じのとおり、試算表の数値は、過去データでしかありません。

当然の事ですが、試算表を眺めているだけでは、経営に役立っているとは言えないでしょう。

そのためには、経営者も簿記会計税務といった基礎知識は、必要でしょう。

私共は、試算表をひも解き、試算数値を基にした企業経営計画の立案のサポートをしていきます。

  • サービスの詳細はこちら
  • 30分無料相談

金融機関から融資を受けようと考えています。ポイントはなんでしょう。

いろいろなポイントがありますが、ずばり、返済できる計画があるかどうか、その説明ができるかどうかです。 金融機関に借りたお金は、必ず、いつか耳をそろえて返さなければいけないのです。

いろいろなポイントがありますが、ずばり、返済できる計画があるかどうか、その説明ができるかどうかです。

金融機関に借りたお金は、必ず、いつか耳をそろえて返さなければいけないのです。

金融機関は、お金を返してくれそうなところにお金を貸し、その受取る利息部分が収益となるわけです。

融資後の事業計画はどうなのか、返せない場合は、最終的には倒産です。

税引後キャッシュがいくら残るのか、返済原資を確保できるのかの経営計画が命です。

  • サービスの詳細はこちら
  • 30分無料相談

「経営計画書」の作成を依頼されました。 融資が受けれるようにアドバイスをしてもらえますか。

はい。「経営計画書」の作成をお手伝いします。

はい。

私共は、「経営計画書」「資金繰り表」の作成をお手伝いします。

ただし、他のところでも説明をしましたが、「経営計画書」「資金繰り表」は、会社経営の肝となる部分ですので、すべて会計事務所に丸投げをするのは、おすすめはしません。

金融機関の立場に立ち、どのような視点で評価されるのかを熟知しておりますので、そのポイントを
お教えします。経営者の腑に落ちるところまで、徹底的に一緒になって考えます。

  • サービスの詳細はこちら
  • 30分無料相談

税務調査の時、私たちの立場に立って、きちんと立ち会って欲しいのですが・・・

はい。税理士は、職業上法律で中立公正な立場であると定められています。

はい。税理士は、職業上法律で中立公正な立場であると定められています。

税務調査時、税務調査官の言いなりで全く反論をしない税理士が多いと聞きます。時には、納税者の不利になるようなことを強引に主張してくる調査官も
いることでしょう。

税法解釈に則った、正当な主張をすべきです。場合によっては、更正の請求や国税不服審判所への異議申し立てといった手続きを行う必要があります。
国税庁OB税理士しかり、ことなかれ主義のおとなしい税理士が実際にたくさんいることは事実です。

  • サービスの詳細はこちら
  • 30分無料相談

会計の知識がほとんどないので、会計ソフトでうまく処理ができるか不安です。

安心してください。会計ソフトの入力方法は、丁寧にお教えます。

安心してください。会計ソフトの入力方法は、丁寧にお教えます。

また、顧問先様が使いやすいソフトに臨機応変に対応します。実際に、会計ソフト導入は、私共が全面的にバックアップしますので、あまり気にすることはないとおもいます。

  • サービスの詳細はこちら
  • 30分無料相談